杉山がオープンシステムを採用した理由

もともと、建物を「設計・管理する者」と「施工する者」は独立した関係でなければならないと考えてきました。
そういう意味で、社内で設計から施工、管理を一括で行うハウスメーカーのやり方には、疑問を持ち続けてきました。

建設会社に一括発注では、第一に、責任の所在が不透明になります。
論理的思考のアメリカでは、分離発注で建物を建てるのが当たり前だそうです。
最近、日本でも大きな工場や、マンション、ショッピングセンターなど事業用施設では、
外国人の投資家への説明責任などが発生することから、責任の所在を細かく把握できる分離発注が
当たり前になってきています。

第二に、お金の流れが建設会社任せになってしまいます。
設計の意図を深く理解していない現場監督が、お金をかけなければならない優先順位を正しく判断できません。
その結果、杉山のスキルを信じて頼んでもらったお客様のご期待に100%応えられないことになってしまいます。
そうした問題を克服するために、オープンシステムを研究するに至りました。
注意していただきたいことがあります。それは、

「建築家ならだれもがオープンシステムで家づくりができるわけではない」

ということです。オープンシステムをあまり知らない建築家に頼むと、
原価であるにもかかわらず、かえって割高になってしまうことさえ有ります。

杉山真設計事務所では、イエヒトと協力し、
オープンシステムを研究し、ノウハウを蓄積してきました。
分離発注する場合の設計事務所のノウハウと、
お施主様が安心して家づくりに参画できるための「リスクに備える保険」と「保証」
これらをご提供する究極の家づくり、それが杉山真設計事務所のオープンシステムです。